平成29年度 運輸安全マネジメントの取り組みについて


                               平成29年4月1日
                              名鉄東部交通株式会社


 ◆事故防止のための安全方針

  「安全、安心、親切」(安全は最大の信用維持の基)

  ○社内への周知方法  各営業所計算室等に年間にわたって掲示します。


 ◆安全重点施策


 1.安全方針に基づく目標

  (1)死亡事故など重大事故の撲滅を目指します。

  (2)有責事故件数前年度(平成28年4月〜平成29年3月)比30%以上減少を
     目標とします。

     全社目標値  発生件数40件以内
      ※平成28年度発生件数 58件
      ※平成27年度発生件数 55件


 2.目標達成のための施策

  (1)点呼時等の通常指導
   ・自動日報のデジタコチェック、免許証・アルコール検知器によるチェック及び
    指導。

  (2)安全運転教育及び指導
   ・事故惹起者のための有責事故惹起者指導教育会議の開催(毎月)。
   ・ドライブレコーダ解析よる個別指導の実施による事故防止の啓発。
   ・外部講師(損保会社関係)による事故処理関係等に関する教育会議の実施。
   ・適性診断と健康診断の確実な受診及びその結果に基づく指導の実施。


 3.安全に関する情報交換

   部所長会議、労使協議会、管理者会議、班会議において、重大事故情報の共有及び
   安全についての検討・情報の収集をし、危機意識及び安全に対する啓発をいたしま
   す。


 ◆安全方針に基づく目標達成状況
 
 (1)平成28年度の自動車事故報告規則第2条に規定する事故は1件でした。

 (2)平成28年度目標有責事故件数前年度比30%減少(件数:38件以内)に対し
    て、20件増加の52.6%増加でした。
     走行距離10万kmに対する発生率は0.54でした。



copyright(c) 名鉄東部交通株式会社 all right reserved.